調剤薬局の医療従事者に関する解説するサイト

医療従事者のスキルの差

同じ医療従事者であっても、勤務年数やそれまでの経験で、そのスキルに差があるのはしょうがないと言えます。しかし、そこで話を終わらせてしまうと、スキルの差は開いたままになってしまいます。スキルに差が出るのはどうしてでしょうか。研修医時代で過ごした内容もあるでしょうが、自分がどれだけ勉強をしているのか、積極的に医療に関わっているか、周りとコミュニケーションを取りながら新しい情報を仕入れているか、などなど。こうして挙げてみると、スキルの差はできやすいものかもしれません。では、医療従事者はスキルアップのために何ができるでしょうか。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

スキルアップセミナーに参加するのも良いでしょうし、自分の足りないと思った部分をどうしたら改善できるかを考えたりアドバイスを求めて先輩に聞くのも良いのではないでしょうか。一番良いのは、自分のできないことを実行できる人をよく観察して、良いところを盗むこと。いつのまにかスキルアップに繋がっています。そして、何よりも大切なのは、医療従事者としての社会的な使命感を持って取り組むことではないでしょうか。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

臨床と勉強に積極的に取り組み、努力を続けることで、スキルの差は埋まっていき、きっと抜いてしまうでしょ。スキルの差を作るかどうかは自分次第ですし、スキルの差をつけられるかも自分次第です。スキルアップのチャンスを逃さないように、意欲的に業務に取り組むと良いのでは?

 

薬剤師 就職