調剤薬局の医療従事者に関する解説するサイト

業務に対する心構えや姿勢

医療従事者が医療の仕事に携わるにあたり、必要な心構えや姿勢にはなにがあるのでしょうか。医療は、患者と医療従事者が一緒になって病気やけがの回復、克服を目指すものです。治療をする医者の方が知識的にも立場的にも上だと思っていると、患者とのトラブルのもととなりかねません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

医療を受ける主体である患者が求める医療を提供していくという姿勢が必要だと言われています。実際に、自分の考えで治療を進め、患者に満足な説明もしない医者は『ヤブ医者』という扱いをされる時代になりました。患者目線での対応が大切になっています。また、患者は治療方法や病気の状態などの説明をしっかりと聞きたいという人がとても多いです。そのため、患者に分かりやすい言葉で、専門用語はなるべく避けて噛み砕いた内容を伝えることも求められています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

インターネットが普及し、さまざまな書籍を発売されている現代は、患者であっても容易に治療方法などについて情報を集めることが可能となっていて、治療方法を自分で選択し、決めたいと考えるようになっています。もしそれが無理なら、その理由までもきちんと説明することが肝心です。医療は医師主体から患者主体になっています。そのことを踏まえたうえで業務に取り組むと良いのではないでしょうか。何よりも求められるのは、「患者のために」という気持ちだと言えるでしょう。

 

調剤薬局