調剤薬局の医療従事者に関する解説するサイト

医療従事者数について

どの職種も数が増えているのが分かるでしょう。他にも助産師や看護師などの数も増えていて、准看護士に関しては人数は減少していました。世間で言われているのは、医師の数が減っているということでしたが、実際には順調に増えています。

 

医者の卵と言われる研修医は都心部の病院に研修に行く割合が多く、実際に働く病院は地方に行くことが多いのだとか。特に、西日本に医師の数が多くいると言う人もいます。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

医師不足の問題は、西日本の人はあまり感じていないかのしれませんね。大きなくくりで見ると医療従事者の数は確実に増えていますが、地域の病院に勤務する医療従事者の数と全国平均を見ると、それを下回る地方がやはり多いようです。

 

医師免許を持っているのに、医師として働いていない人が多いのかもしれませんね。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら