調剤薬局の医療提供について

医療提供について

医療を受ける主体である患者が求める医療を提供していくという姿勢が必要だと言われています。




実際に、自分の考えで治療を進め、患者に満足な説明もしない医者は『ヤブ医者』という扱いをされる時代になりました。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



患者目線での対応が大切になっています。また、患者は治療方法や病気の状態などの説明をしっかりと聞きたいという人がとても多いです。







そのため、患者に分かりやすい言葉で、専門用語はなるべく避けて噛み砕いた内容を伝えることも求められています。

薬剤師 就職