調剤薬局の医療従事者に関する解説するサイト

医療従事者の義務

医療従事者にはざまざまな義務があります。その中でも一番は、患者のついてのもの。医療従事者は患者のことを第一に考えて安全な医療をする必要があります。また、患者の権利を擁護することも義務に含まれています。また、医療従事者は専門職の強いものなので、専門的な能力および職業論理を向上するためにも、勉強に励まなければいけません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

特に医療業界はさまざまな進歩があり、使っている機械も性能があがったり、新しい薬が開発されたり、新しい手術方法が確立されたりなど、勉強をすることがどんどん増えていきます。医療従事者、特に医師であれば日々勉強で、医師を辞めるまでそれがずっと続くことになります。医療事故に関しても義務が発生します。それは、医療行為によって患者に被害が生じたときに、患者本人や家族、遺族に対して誠実な対応をすること。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

しかし、医療ミスを認めることはその病院の評判を陥れて経営が行き詰まる原因となるので、そう簡単に認めることはありませんし、誠実な対応をしてくれるところは少ないようです。もちろんそんな病院ばかりではないでしょうが。また、医療被害の原因を突き止めることに努力し、患者本人や家族、遺族に対して十分な説明を行うことも必要です。再発防止につながるように役立てることが大切だといいます。他にも、患者のプライバシーを守ることも義務に入ります。

 

薬剤師国家試験